過去のコラムを見る≫

Column

2020年2月20日
火燒天門(かしょうてんもん)

 

火燒天門(かしょうてんもん)とは、家の中心から見てコンロが北西の範囲にあること。

 

北西は陰陽で表わすと【陽の陽】。その北西に火のエネルギーを持ってくると北西が持つ【重複した陽】のパワーを【火】のエネルギーで助長してしまいます。ガスではなくIHでも同じです。

 

陰陽というと、陰=悪い、陽=良いというイメージを持たれがちですが、そうではありません。
たとえ、陽=良いだとしても、陽の気が強くなり過ぎると、【もの極まれば必ず返る】の道理に従い、【陰】に戻るべく運気が下降線を辿り始めるのです。

 

その結果、揉めごとの多い家庭になる傾向が強いので、風水対処して陰陽バランスを図り、家運を安定させる必要があります。

 

改善策として、方位を変えるなんてことは出来ません。また、キッチンの火の配置替えもほぼ無理でしょう。出来たとしても工事など大掛かりになり費用もかさみます。

 

そんな時は風水の智慧を借りましょう。
方位取りの悪さを改善、陰陽のバランスを取る、火の強過ぎる気に水の気を取り入れる、そのようなことで、驚くほどに運気が安定してくるのです。

 

☆使用する風水アイテム・ワンポイントアドバイス

 

 

化殺好転十二方位牌
キッチンスペースに設置する

 

 

気の安定盤
キッチンスペースに設置する

 

 

 

乾坤照寶図
キッチンスペースに設置する

 

 

 

 

安忍水、陰陽五行鉢、水晶クラスター
キッチンスペースに置く

 

 

玄武の置物
コンロの近くに置く
八卦太極四神盤十二支八卦銅牌の上に乗せると更に良い)

 

設置場所や設置方法は、物件ごとに異なります。
当協会の認定店で行っている【風水改運相談】にて、あなたにベストな対策を教えてもらいましょう。

 

風水改運相談はこちら