過去のコラムを見る≫

Column

2019年11月20日
玄關無日光(げんかんむにっこう)

 

玄關無日光(げんかんむにっこう)とは、自然光の入らない玄関のこと。

 

自然光の入らない玄関は、都心にとても多い造りです。
玄関扉以外に採光をもたらす気口(窓など)がないために、玄関ドアを開閉した時にしか明るさ(陽の気)を取り入れることが出来ません。

 

さらに、マンションなどの集合住宅で内廊下の場合には自然光(太陽光)は入らず、電灯による人工光のみのため、【陽の気】が足りていない状態が常となるのです。

 

玄関スペースには、太陽がもたらす【陽の気】が必要なのですが、構造上の関係で改善できない場合が殆どです。
改善法は太陽の色に近い照明器具を選び、なるべく長時間点灯しておくことに尽きます。
点灯の継続はエコロジーの概念と逆行してしまいますが、一日数円の電気代をもったいないからと暗いままにしておくことはお薦めできません。
暗い玄関や温かみのない玄関は、すべての運気を落とす作用があるから要注意です。

 

玄関照明以外でも、風水改善により玄関に陽の気を増幅することは出来ます。 良質なエネルギーを取り込み、屋内へと行き渡らせるよう、玄関の風水環境を整えましょう。

 

☆使用する風水アイテム・ワンポイントアドバイス

 

山海鎮平面鏡
玄関スペースに設置する

 

 

六柱六帝古銭風鈴または門鈴(釣鐘型十帝古銭付)
玄関扉に設置する

 

 

 

赤ネット入り水晶乾坤照賢図
玄関スペースに設置する

 

 

水晶のヒーリングランプ、レインボー水晶
玄関スペースに置く

 

設置場所や設置方法は、物件ごとに異なります。
当協会の認定店で行っている【風水改運相談】にて、あなたのお住まいや店舗・事業所にベストな対策を教えてもらいましょう。

 

風水改運相談はこちら