過去のコラムを見る≫

Column

2019年8月10日
ビルや住居・緑化の落とし穴①

近年、地球の自然環境を保護するエコロジーの一環として、屋上緑化や壁面緑化が推進されています。

 

新築のオフィスビルや商業ビルでは、アイビーなどでの壁面緑化や、屋上をガーデンテラスとして利用されることが多く見られます。
夏になると自治体の役所などでは、壁の手前でゴーヤを育てることで壁面にゴーヤの蔓を這わせ、気温上昇を抑制しつつ、見た目から涼を得る昔ながらの手法に回帰する傾向にあります。

 

 

ただし、住居をむやみやたらと緑化してしまうのは考えもの。
鉄筋にしろ、木造にしろ、湿気が建物に与える影響は私達の想像以上に大きいので、花壇などで区切りをしてガーデニングを楽しむのとは異なり、素人が日曜大工的な発想で緑化をすると、ジメジメした家屋になってしまうことがあるので注意が必要です。

 

湿気が過剰な家には、重苦しい空気感があり、主に財運や健康運が活発にならず低迷しやすくなります。

 

 

☆使用する風水アイテム・ワンポイントアドバイス

 

 

緑化している場所の近くに
吊り下げ羅盤(小羅庚)
山海鎮平面鏡
乾坤照寶図

 

 

玄関に
紫のネット入り水晶
多面カットボール

 

 

各部屋に
化殺好転改運筒
浄化用の竹炭
水晶クラスター

 

 

『秘伝・安忍水』を活用すると更にGood!

 

※設置場所、飾り方などは物件により千差万別です。風水師に相談しましょう。