過去のコラムを見る≫

Column

2019年10月10日
なぜ風水アイテムが必須なのか ~前編~

化殺風水には理屈抜きで幸せになるための【方程式】があふれています。
それを実践するためには苦労も努力も必要ないのです。

 

ただ“風水アイテム”と呼ばれる伝統的な風水用品を手に入れ、それを決められた場所に配置するだけのことです。
さらにパワーストーンと風水アイテムとを組み合わせることによって、誰もが幸福をつかむことが出来ます。

 

これが本来の風水であり、この方法を“正統風水”と呼び、占いと混同したような“風水ごっご”とは区別してくださいとお願いしているのです。

 

「伝統用品か何か知らないけど、ただ物を置くだけじゃない。それが真実の風水なの?」
そういう質問を、これまで何度も受けてきました。
そのたびに「そうです、これこそが風水というものです。」と胸を張って、そう答えてきました。

 

本来、風水師は、皇帝たちの参謀として、風水の良い場所を探し出し、戦いを勝利に導き、繁栄をもたらす仕事をしてきました。
しかし、現代は風水の良い場所を探し出しても、そこはすでに誰かの所有地になっていて、自分のものにすることは困難です。

 

 

 

そこで、1000年以上も前から、「見つけ出す風水」ではなく、「つくり出す風水」が、真剣に研究されてきたのです。
実は北京の紫禁城も、日本のキトラ古墳も、「つくり出した風水」そのものなのです。

 

この「つくり出す風水」に使用されてきたのが、伝統的な風水用品なのです。

 

これらの伝統的な風水用品は、永い年月の研究により、改善・改良され、最大限の効果が得られる色・形・材質となって、現代に伝わってきているのです。

 

現代に生きる私たちも、「風水の良い場所に住みたい」ものですが、不動産を手に入れるのは、とても大変なこと。今、住んでいる場所を、良い『気』が充満して、幸せになれる場所に改良してしまうことが、人生最善の方法なのでしょう。

~後編に続く~