風水アイテムの取り替え時期と手入れ方法


風水アイテムは置くだけでその建物内外のエネルギー(気)が変わりますが、せっかく縁あって我が家に招き入れたものですから、気が付いたら拭く・ホコリを払うなど、きれいにしておくように日々心がけたいものです。

 

破損や経年劣化、風雨にさらされて汚れたり、色あせてしまったりした風水アイテムは、新しいものと交換しましょう。交換する際は、今までの風水アイテムは処分しましょう。

 

処分方法は、半紙などの白い紙に処分する風水アイテムをのせ、「浄化用・塩田の塩」と除障香をつぶして粉にしたものを少量振りかけ、感謝を込めてそのまま紙にくるみ、居住地のゴミの分別区分に従って不要品として処分しましょう。
獅子や麒麟、ヒキュウなど、対(ペア)のもののうち一方が破損した場合は、どちらも処分し、改めて対で新しいものと取り換えます。

 

 

水晶をはじめとしたパワーストーンは、半年に一度ほど、「浄化用・塩田の塩」の中にひと晩漬け込むようにして浄化します(石により適さない場合があります)。
そのあと水で流し、自然乾燥します。働いて蓄積された石の疲れを除去してリフレッシュさせることができ、また働いてくれるようになるでしょう。

 

パワーストーンが破損したとき、役目が終わったときは、もともと地球から生まれたものなので土に還すのが理想とされます。
ところが都会ではその土が身近にないことも少なくないです。その場合は上記と同様に処分しましょう。可能な場合は、感謝とともに土に埋めるようにすれば良いです。室内やベランダの植木鉢の土に埋めるのも良いでしょう。

 

 

 

浄化用・塩田の塩

 

 

 

除障香