対策をしておきたい方災①五黄殺


方災とは?
方位による災厄のことで、年毎に各方災の巡ってくる方位は変化します。
一年の切り替わりは立春(2月4日)としています。

 

方災の種類
■五黄殺…災厄・大病・神経衰弱・口舌など
■暗剣殺…事故・盗難・訴訟・悪評など
■二黒殺…主に健康面への影響と家庭運など
■三殺…三種類の殺気が及ぶ
歳殺:子孫や六畜(ペット、家畜など)万物に被害をもたらす
災殺:病気や強盗、殺傷の災いをもたらす
劫殺:盗難や殺傷の災いをもたらす
■歳破…あらゆるものが破れる
縁談、人間関係、財産などの破綻と破談を招く

 

2016年の方災
2016年は下図の赤字の五黄暗五黄三殺歳破が方災となります。
二黒も方災ですが、2016年は中宮(中央)に位置しているので、今年はありません。

 

 

2016年 年盤
2016年 年盤(風水では、北を下側に表記します)

 

今回は、五黄殺と暗五黄についてお話いたします。

 

2016年の五黄殺は、東北方位

五黄殺とは?

風水定位盤
後天八卦図(九星定位図)

上図は各方位や『九星』という実在しない星にたとえられた気の性質を表した図の基本形(本来の定位置)であり、毎年一定の法則で移動します。

 

『九星』は一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の9種類。
その内で五黄土星は本来、帝王のいる位置と呼ばれる中央が定位置(中宮)です。位置は年毎に変化しますので中宮以外に移動すると、凶意を現すようになります。これを「五黄殺」と呼びます。

 

●五黄殺の凶意(主に自分自身のミスや不注意から起こりやすい)
・災厄(あらゆるトラブル・災難)
・大病
・神経衰弱
・口舌(不注意な発言によるミス)

 

 

帝王のいる位置を外れた五黄の凶意、「五黄殺」は最も凶作用の強いもののひとつとされており、五黄殺が巡っている方位への引越しは避けるべきとされています。
家や敷地の中央から見て、東北方位での増築、工事は凶意をもたらすので避けましょう。
間取りでも、家の中心から見て東北方位に玄関や窓がある場合や、建物の欠け、トイレや水場がある場合、宅向(玄関の向いている方位)に巡っても凶意の影響を受ける場合があります。

 

だからといって、引越しや工事など、あらゆることを避けられない場合もあるでしょう。
そんな時こそ、「悪い方位だから」と諦めずに、五黄殺の凶作用を出来るだけ軽減・緩和して、運気を落とさないようにしましょう。

 

正統風水アイテムを用いて殺気を化かす『化殺』風水で、方災対策をしましょう。
安忍水六柱六帝古銭風鈴を用いて五黄の強い凶意を鎮めます。

 

安忍水-300x289
安忍水
六柱
六柱六帝古銭風鈴

 

 

五黄殺は「五黄土星」の名のとおり、土(つち)の気の性質です。
土が時間をかけてものを腐らせるように、気づかないうちにジワジワと浸透してきます。
運気が落ちてしまったところに、自分自身の不注意などから大きな不運に見舞われることがあります。
「土の気」は、金(きん)の性質を持つ気を生じて弱まります。
「金の気」を発揮し五黄殺の凶意から守ってくれる六柱六帝古銭風鈴安忍水を活用して、万全の対策をしましょう。

 

 

 

五行 相生
相生図    五行(木、火、土、金、水)の気の助け合う関係

 

 

●五黄の正反対の方位(2016年は西南方位)は暗五黄と呼ばれます。

暗五黄の凶意(主に自分以外の他動的な影響から受ける災難)
・事故
・盗難
・訴訟問題、悪評を立てられる、など

 

対策としては「化殺好転十二方位牌」、「ヤアズ」、「風水の剣」などを状況に応じて使い分けます。
コラム改運

目には見えない『方災』も、正統風水アイテムでしっかりと対策すれば、凶作用が軽減・緩和されます。

 

どうしても、五黄の方位への移転や工事などがある場合は、本来は避けるべきではありますが、化殺アイテムによる対策と共に『擇日鑑定(吉日時鑑定) 』を受けることが最善です。

 

三殺、歳破については今後お話していきます。