立春にあたり 2016年 運気アップ風水


2016年、今年はどんなスタートになったでしょうか?
順調なスタートでも、気分的にもう一度仕切りなおして再スタートされたい場合でも、実はまだ間に合います!

 

風水における暦では、立春の2月4日をさかいに新しい気と徐々に入れ替わるタイミングとしています。

 

新しい年を迎える前には、大掃除をする習慣があります。この大掃除は、風水の観点からもとても良いことです。
きちんと整頓され、しっかり清掃されているところには、良い「気」がやって来ます。
新しい年のスタートとなる立春こそ、気持ちよく、良い運気に恵まれるようにしましょう。

 

2016年はどんな年なのか?
運気アップのために『干支』と『九星』で読み解いてみましょう。

 

※『干支』は「かんし」と読み、「十干」と「十二支」を組み合わせたものです。

 

「十干」とは、木、火、土、金、水の五行をそれぞれ陰と陽にわけたもので
甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸の10種類です。
「十二支」はおなじみの子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の12種類の動物です。

 

10と12をそれぞれ順番に組み合わせ、全部で60通りあり、一巡すると還暦となります。

 

※『九星』とは一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の9種類の実在しない星にたとえられた気の様態で、毎年変わる九星の位置により、吉凶方位などを判断します。

 

2016年を『九星』で見ると二黒土星が図の中心に入っています。これを「二黒中宮の年」といいます。

 

二黒は「家庭円満」「健康」「内助の功」を表しますので、家庭、健康を大切に過ごしましょう。

2016年 年盤
2016年 年盤(風水では、北を下側に表記します)

 

 

 

 

2016年丙申(ひのえさる)年二黒土星です。

 

『丙』は、陽の気がさかんとなったことを意味し、
『申』は「伸」に通じ、「物事の成長、伸長」を意味します。

 

丙申の年は「やる気、元気を持って事に当たれば、伸長、発展する。
ただし、満つれば欠けるのが世の常、その備えもしておく!」となります。

 

 

丙申年は、活気や元気など「陽の気」が強くなりそうです。

 

「陽の気」は良い「気」なのですが、強くなりすぎてもいけません。
例えば、「陽」は明るい、「陰」は暗いだとしましょう。一日24時間が昼間だったらどうでしょう?何だか落ち着きませんよね。
電球の明かりが強すぎてずっと眩しいのも困りものです。このように、程よい明るさ、程よい暗さ、どちらかが欠けても日常生活に支障をきたします。
陰も陽もバランスが大切です。

 

「気の安定盤」や「乾坤照寶図」は、強くなりがちな、「陽の気」を整えてくれます。日当たりの良いお部屋や賑やかなリビングに飾っておくことで、気分が高揚し過ぎる、賑やかを通り越してのお祭り騒ぎ、なんて事にならないようにしてくれるでしょう。

 

左:気の安定盤 右:乾坤照寶図

 

 

 

 

二黒土星のラッキーカラーは黒、茶色です。

 

 

オブシディアン(黒曜石)は地球のマグマが噴出し、冷え固まってできプラスエネルギーを引き出す強いパワーと魔除けの力があります。

 

『オブシディアン(黒曜石)製の瓢箪(ひょうたん)』は、邪気を吸い取る
「風水の空気清浄器」と呼ばれています。あらゆるマイナスエネルギーを吸収して、快適な空間へと導いてくれます。
健康運がダウンしている時は、枕元に置くとよいでしょう。

 

『オブシディアン(黒曜石)製の贔屭』は、二黒土星のパワーを受ける強運アイテム。オブシディアンが大地の邪の気封じの役割を果たし、贔屭が地盤を安定させます。また、総合的な財産を呼び寄せ蓄えてくれる頼もしい存在。

オブこら
左:オブシディアン製瓢箪  右:オブシディアン製贔屭

 

 

 

 

二黒のキーワード「勤労」「大地」
大地の気を象徴する龍、大地の気を感知する亀が合わさった『龍亀』は、正財運アップに最適。
商売繁盛はもちろんのこと、さらに子を背中に乗せていることから掴んだ財を一代限りでなく、次世代につなげる働きもあります。

 

※正財…真面目にコツコツと働き、汗水流して得る収入のこと

 

龍亀の置物(台座付き)
龍亀(ろんぐい)

 

 

 

 

 

2016年『催財風水』
ご自宅の西南が※財方なら、2016年は「良い気」が重なりますので「改運水槽」がおすすめです。
に乗って来た「財の気」を、によって留められるようにしましょう】

 

改運水槽に入れる白珊瑚は、太陽光の届く透明度の高い『母』なる海でのみ生育されることから、浄化・癒し・生命力の象徴とされるヒレシャコ貝は対の象徴で、5本の放射肋を持ち、沖縄では魔除けとして置かれる。どちらも、二黒の象意『母』『家』『五、十』に通じている。

 

住まいやオフィスの財方は、当協会の認定店、風水改運中心、の風水相談にてアドバイスしております。
また、「風水・郵図面送相談」「出張風水鑑定」をご利用下さい。

 

※財方とは、動水(改運水槽)を置くことで発財(財の気を呼ぶ)する場所です。

 

 

改運水槽-丸型

 

 

 

 

安忍水」や、「化殺好転九銭」、「麒麟」、「六柱六帝古銭風鈴」などの風水の方災除けのアイテムの方位(配置)変更は、新たな「気」が入れ替わるタイミング『立春』の2月4日からになります。

方災せっと1