イベント【ECO-AQUA海の学校2010】 監修・参加


10月1日(金)~3日(日)、お台場海浜公園ビーチにて
お台場ECO-AQUA 海の学校2010実行委員会主催のイベント
【お台場ECO-AQUA 海の学校2010~世界最大の熱帯水族館】が開催されました。

後 援:日本観賞魚振興事業協同組合・農林水産省・水産庁
協 力:日本ビーチ文化振興協会、他団体・企業多数
監 修:社団法人 国際・風水協会
テーマ:子供からはじめるエコロジー
副 題:子供たちの未来へ贈る、お魚からのメッセージ

このイベントは熱帯魚や観賞魚を通して魚に触れあう楽しさや
環境問題を考えるきっかけとなることを目的に開催され、
多数の団体や企業、アクアリウムメーカーが一同に集結しました。
子供だけでなく大人も一緒に気付き、学び、理解を深められる
数々の展示やイベントが催されました。

当協会は、親子参加型イベント≪幸運を呼ぶ魚・パワーフィッシュ宝探し≫にて、
風水監修の依頼を受けました。

砂浜に埋められたカプセルを探し当てると、その中には美しく飼いやすい、
可愛い魚≪ベタ≫の6色のいずれかの色が書かれた紙が入っており
実際にその魚が貰えるというものです。

この、ベタの色別運気を常任顧問・青山登先生のご協力を仰ぎ
風水の観点からわかりやすく解説し
ベタをお持ち帰りになる方々への運気アップの秘訣となるよう
大きなパネルにして展示して頂きました。

更には、当協会の化殺風水師も参加し、実際に参加者の間取りや方角をお聞きして
個々の住まいごとに異なる財方位、
即ち『家の中のどこに水槽を置けば金運が上昇するのか?』という
風水アドバイスも致しました。

殆どの方が漠然と『金運上昇には魚を飼うと良い』
『水槽など水をどこかに置くと金運にいいらしい』という事は
聞き覚えがあったようですが、実際に『正統風水』のワンポイントアドバイスを
受けられると、当然ながらお子様よりも親御さんの方が興味津々で
真剣に聞き入っておられました。
帰宅したら早速アドバイス通りの位置にベタを置いてみようと仰って下さる方が多く、
実践こそが改運への第一歩だとご理解頂けたようです。

初日の金曜日はマスコミ向け発表が多く、また平日でもあったため一般の方は少なめでした。

メッセンジャーとしてイベントに参加されていた俳優の斉藤祥太さんが
当協会の西山貴琉先生にお住まいの風水相談をされ、
西山先生の風水アドバイスに真剣に耳を傾けておられました。

土曜、日曜は友人同士や家族連れの方が多数訪れ、
パワーフィッシュの宝探しは、お子さんだけでなく親御さんも参加し、
楽しそうに砂浜を掘っては『お宝』を探し当てていました。

連日、ビーチではコンサートやトークショーが繰り広げられ、
設営されたステージ上にて、メッセンジャーとして参加されたタレントの
インリン・オブ・ジョイトイさんと当協会化殺風水師の白山佳姚先生による
環境や風水に重きを置いたトークショーが行なわれました。

白山先生のお話に深く感銘を受けられたインリンさんは、
トークショー後も白山先生にお願いし、楽屋にて風水相談をされました。
今後、風水を真剣に取り入れたいと丁寧に謝意をお伝え下さいました。

台湾出身のインリンさんと言えども、『正統風水』『風水の真実』を
正しく知る機会がなかったのでしょう。
それほどに現在は中国大陸や台湾、アジア各地での風水知識が偏り、
間違ったまま伝えれられいることが、残念ながら多く見受けられます。

当協会は、テレビのニュース番組から取材を受け、
ラジオ局の生放送にもご紹介頂き、大盛況のうちに3日間は終了致しました。

今回お台場で行われた
【ECO-AQUA 海の学校2010~世界最大の熱帯水族館】は、
これを機に全国各地のビーチを会場に開催していく予定だそうです。

観賞魚や熱帯魚を通して、楽しく鑑賞するだけでなく
そこから海の自然を守っていくことの大切さを教えてくれるこのイベントに
参加出来ました事は、当協会にとっても大変有意義なものとなりました。

まだ風水を良く知らない方々にお知らせできたことはもちろんですが、
風水は元来、『自然との共生』を大切にしており、自然を生かし、
自然に生かされながら、如何にして自然の恩恵を受けて人生を豊かに送るかが
最大のテーマです。

その大切さをこのイベントを通して再認識させて頂き、
また、微力ながらこのイベントに携わらせて頂けたことは
利益追求ではなく社会に還元することを信条をしている当協会にとって、
大変有難い活動となりました。

今後も当協会としての活動を通して、社会貢献出来るよう尽力して参ります。