風水の馬


風水に於いて、馬は瑞獣と言うわけではありませんが、とくに騎馬民族にとっては、日常の暮らしに欠かせない現実的で身近な存在でした。

 

馬は旺盛な生命力を象徴する動物で、財運を招き事業運をアップさせるパワーがあるとされています。
財運をアップさせるためには置く場所が大変重要です。十二支の「午」にあたる方位、すなわち真南に置きます。
住まいやオフィスの太極(中央)から見て真南に配置することは、ただ方位磁石で測れば良いという訳ではありません。
正統風水アイテムの馬を真南に据えたい場合には、風水師に測定を行ってもらい、ベストな場所に配置しましょう。

 

方位は測定する【場所】が肝心です。ただ家の中で針を見て断定してはいけません。複数箇所を条件ごとに測定した上で、プロが判断すべき事柄です。

 

また、馬は主要な交通や運搬手段であったことから、移転や変動に関わることも象徴しており、この点では他のいかなる風水動物よりも優れた効果を発揮するアイテムとされています。

 

移転、転勤、留学、進学、就職はもちろんのこと、配置転換や異動、転職、開業、マンションや公共住宅の抽選など、移転や変動に関わることには幅広く有効です。
この場合には、部屋の「駅馬位」の位置に馬を置いて下さい。「駅馬位」とは「玄武壁=北側の壁」と「白虎壁=西側の壁」が交わる角とされています。
ここで最も重要なのは、馬の顔を向ける方向です。移転や留学などに際して、すでに具体的な目標が決まっている場合は、必ずその方向に顔を向けて下さい。
この場合、羅盤や方位磁石、地図を使って正確に方位を測ることが必要です。
まだはっきりした目標が決まっていない場合は、馬の顔を向ける方向に気を使う必要はありません。

 

また、馬は瑞獣ではないので獅子や虎などの猛獣と一緒に使うことは好ましくありません。できるだけお互いの姿が見えない場所に置きましょう。

 

木彫りやインテリア用品の馬の置物では、風水の馬のエネルギーを得ることは出来ません。正統風水アイテムの馬を用いることが運気改善の絶対条件です。

 

引っ越し&移転に際して、良い物件に出会い、スムーズな移動を終えるには馬のパワーが欠かせません。
馬を用いた引越し風水をご紹介しましょう。

 

①引っ越し先が決まっていない場合
現在使用している玄関や出入口に「馬の置物」を置き、顔を外に向けます。
⇒⇒⇒最適な物件や移転先とめぐり合わせてくれる効果があります。

 

②引っ越し先が決まった場合
引っ越し先の玄関に「馬の置物」を置き、顔を室内に向けます。「馬の置物」を置いてから三日以上経過した後、引っ越しすると良いでしょう。
⇒⇒⇒住む人々に降りかかる災いを抑えてくれる効果があります。

 

③引っ越しが完全に終了した場合
「馬の置物」を南方位に移します。
⇒⇒⇒財運や事業運をアップさせる効果、親子関係を正常化させる効果があります。
「馬の置物」をリビングなど家族の共有スペースに移します。
⇒⇒⇒親子関係の改善にエネルギーを注いでくれます。

 

引越しは、運気の大きな変わり目となります。馬だけでなく、引越しのタイミング(日時)と旧居から新居への移動方位、新居に入居する前の風水処理など、運気を良くするためにできることはたくさんあります。信頼のおける化殺風水師や正統風水の専門店に相談しましょう。