12月15日 2019改運風水セミナー


年末恒例の改運風水セミナーが浅草公会堂にて開催されました。

 

 

 

第一部は副理事長の楳山天心による【2019年 大強運をつかむ風水】
最大吉の「第8運期」も残り4年となり、2019年は20年周期と一年周期の九星「最大吉の八白」が重なり、180年に2年しか訪れない大強運をつかめるラストチャンスの一年。
干支による己亥と九星による八白が持つ象意を、自然現象や色、身体の部位、家族構成による一員など多角的に分析。実際に過去の己亥にあった事件・事故などを振り返り、2019年のスローガンを立てて大強運をつかむコツを徹底的に講義しました。
2019年の方災(方位ごとにもたらされる凶作用)対策、健康風水、恋愛風水などと共に、毎回大人気の2019年前半の吉日時と、重要行事は避けるべき天戦地冲(凶日)も発表されました。

 

 

 

 

第二部は理事長の塚田眞弘による【『天・地・人』三才の氣を得る!】
運気に重点を置いて物事を考える時、各数字に置き換えて考えることがあります。2つなら陰陽、3つなら天地人、4つなら四神相応、5つなら五芒星…と、ある中で、今回は天空のエネルギーと大地のエネルギーを得ることで、人の和を整え、強運体質になって充実した人生を送るための秘術をお話されました。
通常では、見る機会すらないようなミュージアムクラスの大変稀少で美しいパワーストーンたちを一堂に揃え、パワーストーンの真贋の見分け方などもレクチャー。
宝石業界の人ですら知らないような貴重な情報を、専門用語を使わずに惜しみなくお伝えしました。
今回は初のスタイルで、参加者は聴講するだけでなく、実際に見て・触れて・楽しみながら学べる体感型のセミナーとなりました。
どんな素晴らしいパワーストーンの種類があったかは、参加された方だけの特典となりますので、割愛いたします。
『風水は、何か問題があった時やトラブルがあった時に、どうにかしてもらうために頼るものではなく、普段からそのようなことがないために活用するもの』という言葉に、参加者の誰もが最も心を打たれたことでしょう。

 

 

 

国際・風水協会では、定例セミナーのほか、正規認定店でも風水セミナーを開催しています。また、習い事感覚で楽しく学べる『化殺風水コーディネーター講座』や、本格的に学び独立開業や副業としての後押しとなる『化殺風水鑑定士認定講座』を開講しています。
雑誌やテレビで『面白がって流される風水情報』とは全く異なる、伝統的な古典風水に基づき、長い年月をかけて淘汰されることなく時代の中で変化しながら進化してきた化殺風水を真摯に追求し、お伝えして参ります。