「運命」は正統風水で変えられる!


中国には、「幸せ」を決定づける要素として「五訣」という思想があります。

 

これは、人生を振り返った時に、幸・不幸を決定付けた要素は下記の5つであり、人生に影響を与える重要度の高い順から、命・運・風水・積陰徳・唸書学問となるというもの。

 

①命(めい)

②運

③風水

④積陰徳(せきいんとく)

⑤唸書学問(ねんしょがくもん)

 

「命」は宿命、出生地や性別など変えることのできない先天的な条件を表します。
「運」は、環境などによって形成される後天的な運のことで、「運命」を指します。「風水」は、運を良くするために自分自身の居住空間の環境を整えること。
「積陰徳」とは、人知れず陰ながら善い行いをすること。
「唸書学問」は一生懸命勉強に励むことです。

 

 

注目すべきは、日本では最重要視される学歴や受験合格により出世が叶うとイメージされている「唸書学問」よりも、「風水」が遥かに重要度が高いという点です。

 

幸運と不運を分ける重要な対策が「風水」であり、風水環境が整っていないと、いくら勉強や陰徳に励んでもさほど人生は実らないという事です。
風水環境を整えれば、後天的な運である「運命」にまでも作用し、変えて行くことが出来るのです。
正統風水を人生に取り入れて積極的に運命を改善する『改運』は、誰にでも実践できるテクニックなのです。