風水の大事な3つのポイント② ~房=トイレ編~


風水の大事な3つのポイント「門・房・灶」
前回は①門=玄関のお話でした。

 

今回は、ご自宅、会社で誰もが必ず使う「トイレ」のお話です。

 

いつも綺麗にしておきたい場所です!なぜなら、「金運」「健康運」に関わる場所だからです!トイレは「不浄の気」が常に発生しています。もちろん新築の建物も例外ではありません!

ではどうすれば良いのかお話ししましょう。

「整理・整頓・掃除」は風水の基本です。

 

● 便器は陰の気の発生源!・・・便器内は常に掃除をして綺麗にしましょう。また、使う時以外はフタを閉める癖をつけ、陰の気が漏れないようにします。

 

● 窓のないトイレ・・・窓があれば閉めていても大丈夫です。なぜならガラスは風を通さなくても、「気」は通します。窓のないトイレは陰の気をどんどん貯め込みます。
トイレ内ならどこでも構いませんので『紫のネット入り水晶』を吊り下げ、陰の気を鎮めましょう。紫は、「気」を静め、天然の水晶は「気」を浄化してくれます。

 

 

 

pre_2216[1]
紫のネット入り水晶

 

竹炭
浄化用の竹炭

● 臭うトイレ・・・トイレの悪臭は陰の気の元!さらに悪運までも呼び込んでしまいます。消臭効果の高い『浄化用の竹炭』を多めに置きましょう。
不浄の気の発生を抑えつつ、空間の調湿を行ってくれます。

 

 

 

余談ではありますが、便座カバーやマットは気を静める色のブルーや、
グレー、紫を使われると良いでしょう。また、薄暗いトイレには金運や幸運が来ないともいわれていますので、照明は、できるだけ明るくしましょう。