2021年2月20日
不動産の選び方①

私たちの身のまわりのもの全ては「気」というエネルギーを発散しています。
敏感・鈍感な方の差はあるものの、ホテルや旅館の部屋に入った時や入居物件を探して下見をする際、なんだかゾクッとするような気味悪い部屋に遭遇した経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

 

そこには【陰気・邪気・殺気・妖気】が発生している要因があるのです。逆に「この部屋、気持ちが良い=心地よい」と感じる部屋もあるでしょう。そこには良いエネルギーが満ちているからなのです。

 

数カ所の候補物件の中から、交通の便が良い、コンビニが近いといった利便性を優先するあまり、はじめに気持ち悪いと感じた部屋を選んでしまう人も少なくないでしょう。

 

人は非常に順応性の高い動物で、数日経つと「気持ちが悪い」と感じるものにも慣れてしまい、一週間も経つと感じなくなってきます。
しかし慣れただけで、状況が解消したわけでなく、運気・土地のエネルギー・物件が持つエネルギー・間取り・周辺環境の悪さなどは依然としてそこに在り続けています。
何も対策を講じない限り、それらのマイナスエネルギーはそこにいる人をジワジワと蝕み続けることになります。転居をきっかけに運命が変わる方が多いのも当然といえるでしょう。

 

 

引っ越しをするときに、まず不動産業者へ足を運びます。そこでは数件の物件を紹介してくれます。
しかし、厳しいことを言うなら、そこで斡旋される物件に、良い物件は基本的にはないと考えておくべきです。
なぜなら前の住人が、何らかの原因で引っ越しをしたから空き物件として出たのであって、少なからず問題があった物件と考えたほうがいいでしょう。

 

【運の良い家】や【風水の良い家】は、住んでいて気持ち良く、財運は上昇し、引っ越したくない・引っ越しする必要がないなどの理由で同じ場所で生活を続けることが当たり前のため、物件として出て来ないのです。
先祖代々、永きにわたって幸せに居住しているケースがほとんどなのですから。

 

不動産物件の中には発展して出て行った物件や栄転・出世して出て行った物件、お金持ちになって出て行った物件もある一方で、飽きた、住みにくかった、事業がうまくいかなかった、離婚した、中には幽霊が出た!事故に遭った、孤独死など、マイナスの理由による物件がいかに多いことでしょう。

~不動産の選び方②につづく~

2021年2月10日
風水の馬

風水に於いて、馬は瑞獣と言うわけではありませんが、とくに騎馬民族にとっては、日常の暮らしに欠かせない現実的で身近な存在でした。

 

馬は旺盛な生命力を象徴する動物で、財運を招き事業運をアップさせるパワーがあるとされています。
財運をアップさせるためには置く場所が大変重要です。十二支の「午」にあたる方位、すなわち真南に置きます。
住まいやオフィスの太極(中央)から見て真南に配置することは、ただ方位磁石で測れば良いという訳ではありません。
正統風水アイテムの馬を真南に据えたい場合には、風水師に測定を行ってもらい、ベストな場所に配置しましょう。

 

方位は測定する【場所】が肝心です。ただ家の中で針を見て断定してはいけません。複数箇所を条件ごとに測定した上で、プロが判断すべき事柄です。

 

また、馬は主要な交通や運搬手段であったことから、移転や変動に関わることも象徴しており、この点では他のいかなる風水動物よりも優れた効果を発揮するアイテムとされています。

 

移転、転勤、留学、進学、就職はもちろんのこと、配置転換や異動、転職、開業、マンションや公共住宅の抽選など、移転や変動に関わることには幅広く有効です。
この場合には、部屋の「駅馬位」の位置に馬を置いて下さい。「駅馬位」とは「玄武壁=北側の壁」と「白虎壁=西側の壁」が交わる角とされています。
ここで最も重要なのは、馬の顔を向ける方向です。移転や留学などに際して、すでに具体的な目標が決まっている場合は、必ずその方向に顔を向けて下さい。
この場合、羅盤や方位磁石、地図を使って正確に方位を測ることが必要です。
まだはっきりした目標が決まっていない場合は、馬の顔を向ける方向に気を使う必要はありません。

 

また、馬は瑞獣ではないので獅子や虎などの猛獣と一緒に使うことは好ましくありません。できるだけお互いの姿が見えない場所に置きましょう。

 

木彫りやインテリア用品の馬の置物では、風水の馬のエネルギーを得ることは出来ません。正統風水アイテムの馬を用いることが運気改善の絶対条件です。

 

引っ越し&移転に際して、良い物件に出会い、スムーズな移動を終えるには馬のパワーが欠かせません。
馬を用いた引越し風水をご紹介しましょう。

 

①引っ越し先が決まっていない場合
現在使用している玄関や出入口に「馬の置物」を置き、顔を外に向けます。
⇒⇒⇒最適な物件や移転先とめぐり合わせてくれる効果があります。

 

②引っ越し先が決まった場合
引っ越し先の玄関に「馬の置物」を置き、顔を室内に向けます。「馬の置物」を置いてから三日以上経過した後、引っ越しすると良いでしょう。
⇒⇒⇒住む人々に降りかかる災いを抑えてくれる効果があります。

 

③引っ越しが完全に終了した場合
「馬の置物」を南方位に移します。
⇒⇒⇒財運や事業運をアップさせる効果、親子関係を正常化させる効果があります。
「馬の置物」をリビングなど家族の共有スペースに移します。
⇒⇒⇒親子関係の改善にエネルギーを注いでくれます。

 

引越しは、運気の大きな変わり目となります。馬だけでなく、引越しのタイミング(日時)と旧居から新居への移動方位、新居に入居する前の風水処理など、運気を良くするためにできることはたくさんあります。信頼のおける化殺風水師や正統風水の専門店に相談しましょう。

2021年1月30日
門對廳鏡冲(もんたいちょうきょうちゅう)

 

 

玄関は気の出入口になるため、風水では【気口(きこう)】と呼ばれ、運気の面では重要なスペース。
人体で例えると口で、栄養(エネルギー)を取り込む大切な箇所ですから、いつも掃除をして清潔にしておく必要があります。

 

大切な【気】の取り込み口である玄関には、【気】をはね返す可能性がある鏡は置かないのが基本で、特に玄関を入った正面は避けるベきです。
玄関を入った正面に鏡があると、外から入って来た邪気・殺気・陰気・妖気などの悪い気=マイナスエネルギーだけでなく、財運や幸運などのプラスエネルギーまでも跳ね返してしまい、生活空間やビジネス空間に新鮮な気を取り込めなくなってしまうのです。

 

また、玄関から入って鏡を見たときにキッチンが映り込んでいる場合は、キッチンのコンロ(火)とシンク(水)の相反する気を玄関にもたらしてしまい、空間の気が乱されます。

 

鏡は取り外すほうが賢明ですが、難しい場合には、鏡のマイナス作用を化殺好転させるための対処を施しましょう。
玄関に限らず、どの部屋でも扉を入った正面に鏡があるような位置関係は、いずれも風水処理が必要です。

 

☆使用する風水アイテム・ワンポイントアドバイス

 

アメジストドーム
玄関スペースに置く

 

 

水晶クラスター
水晶六角柱
尖端を鏡に向けて置く

 

 

凹面八卦鏡
鏡に映り込ませる

 

 

水晶を埋めた観葉植物や鉢植え
鏡の前に置く

 

 

設置場所や設置方法は、物件ごとに異なります。
当協会の認定店で行っている【風水改運相談】にて、あなたにベストな対策を教えてもらいましょう。

 

風水改運相談はこちら

2021年1月20日
封閉煞(ふうへいさつ)

 

 

納戸・クローゼット・押入れなどは、締め切っておくことが多い場所です。
スペースに対して過密に品物が入りやすいこのような場所は、気が停滞しがちな家の中の【気枯れ地】といえるでしょう。

 

さらに、病院や葬儀に持って行ったバッグや衣服なども、浄化せずにそのまましまい込んだりしがちです。
このような場所には常時【邪気・陰気・殺気・妖気】と呼ばれるマイナスエネルギーが立ち込めています。
だからこそエネルギーを循環させ、なおかつ浄化してくねるような風水対策が必要です。

 

 

同様の理由から、シューズボックスなどには、特に多めの浄化を心がけましょう。
封閉煞(ふうへいさつ)対策に功を奏する化殺風水アイテムは下記のとおりです。
置き場所や設置方法(飾り方)など、物件ごとに対処法は異なりますので、正規認定店の風水改運相談をご利用下さい。

 

 

八卦太極牌

 

除障香

 

桃源香

 

 

赤ネット入り水晶

 

 

 

多面カットボール

 

 

化殺好転改運筒

 

 

浄化用・竹炭

 

 

乾坤照寶図

 

 

 

水晶クラスター

 

 

 

設置場所や設置方法は、物件ごとに異なります。
当協会の認定店で行っている【風水改運相談】にて、あなたにベストな対策を教えてもらいましょう。

 

風水改運相談はこちら

2021年1月10日
風水の成功実例 『龍と鳳凰』の配置

風水は正しく実践すれば、すぐに結果がついてきます。会社でも商売でも家庭でも風水アイテムを活用することで、運気が改善した、健康になったなど、さまざまな報告が寄せられています。

 

龍と鳳凰の位置を正すだけで商売は盛り返す

 

ある中華街でのこと。「商売が思うようにいかない。いよいよダメになってきたので見てほしい。」と言われてお店を見に行くと、相談されるまでもありませんでした。看板に描かれた龍と鳳凰の位置が左右逆だったのです。これを直しただけで商売はうまくいくようになりました。

 

 

みなさんにとっては「え?左右を入れ替えただけで商売が上手く行くなんて、そんな都合の良いことあるの!?」と思われることでしょう。しかし、運気を大切にする人にとっては至極当然のことなのです。

 

中国では「男左女右(ナンゾウニュヨゥ)」という大鉄則があります。男は左で、女は右。
夫婦が寝るときも「男性からすると女性は右側」。これが気の流れというものなのです。
龍は男で、鳳凰は女と考えますから、自分を中心にして、龍が左側で、右側に鳳凰が正しい位置関係です。正しく置いてはじめてエネルギー状態が良くなります。

 

 

※自分自身を『皇帝の位置』として見る場合と、自分から見て龍鳳の配置をする場合とで、真逆の並び方となる場合もあります。それも正しい配置なのです。

 

「見た目が格好いいから」などと、陰陽のバランスを考えずに置いてしまうとバランスが崩れてしまいます。その置き方を改めるだけで、その瞬間に、エネルギーの流れが改善されるのです。

 

龍が皇帝(男=陽)、鳳凰は皇后(女=陰)、一見、相反する『氣』のようですが、この2つがあってひとつの物事をなしているのです。これにより常に均整化が図られている良い状態を『陰陽和合』と言います。

2020年12月30日
風水アイテムの取り替え時期と手入れ方法

風水アイテムは置くだけでその建物内外のエネルギー(気)が変わりますが、せっかく縁あって我が家に招き入れたものですから、気が付いたら拭く・ホコリを払うなど、きれいにしておくように日々心がけたいものです。

 

破損や経年劣化、風雨にさらされて汚れたり、色あせてしまったりした風水アイテムは、新しいものと交換しましょう。交換する際は、今までの風水アイテムは処分しましょう。

 

処分方法は、半紙などの白い紙に処分する風水アイテムをのせ、「浄化用・塩田の塩」と除障香をつぶして粉にしたものを少量振りかけ、感謝を込めてそのまま紙にくるみ、居住地のゴミの分別区分に従って不要品として処分しましょう。
獅子や麒麟、ヒキュウなど、対(ペア)のもののうち一方が破損した場合は、どちらも処分し、改めて対で新しいものと取り換えます。

 

 

水晶をはじめとしたパワーストーンは、半年に一度ほど、「浄化用・塩田の塩」の中にひと晩漬け込むようにして浄化します(石により適さない場合があります)。
そのあと水で流し、自然乾燥します。働いて蓄積された石の疲れを除去してリフレッシュさせることができ、また働いてくれるようになるでしょう。

 

パワーストーンが破損したとき、役目が終わったときは、もともと地球から生まれたものなので土に還すのが理想とされます。
ところが都会ではその土が身近にないことも少なくないです。その場合は上記と同様に処分しましょう。可能な場合は、感謝とともに土に埋めるようにすれば良いです。室内やベランダの植木鉢の土に埋めるのも良いでしょう。

 

 

 

浄化用・塩田の塩

 

 

 

除障香

 

2020年12月20日
高層階に住む場合の対策

近年、高層住宅に居住したり、仕事場を置く人々が増えています。一概には言えませんが、運気が長続きしないという傾向は顕著です。

 

人間が長期間にわたって運気良く人生を楽しむためにはコツがあるように思われます。
まず、人は古くより天の下で大地に足を付けて生活をしてきました。「天」からと「大地」からのエネルギーを受けて精神も肉体も正常な運気を保ってきました。
いわゆる【天・地・人】の関係です。果たして高層ビルの何階にまで大地のエネルギーは届くのでしょうか?

 

確かに、高層階で居住したり仕事をしたりしていると、地上の景色を見下ろして天下を取ったような気分の良さを味わえ、天のエネルギーが見て取れるような気分になるでしょう。

 

 

しかし、防御面が安定しない、コツコツと貯金することができない、性格が大胆になるなどの傾向があるとされ、恋愛運はあっても家庭運、健康運は良くなく、事業運は時として急伸するときもあるなどの傾向が知られてきました。

 

何階以上に住む人は、このようにしたほうがいいなどというデータはまだありませんが、近年では6階以上ないし8階以上は高層階対策が必要であることが説かれ始め、高層階ほど「運気は安定していない」という統計は、風水を勉強する者たちの間では常識となってきています。

 

高層階になればなるほど、大地のエネルギーと水のエネルギーを家屋の中に多く取り入れていくことが肝心で、運気のアンバランスを改善するための対処が基本となります。
下記のアイテムを全て活用する事で、高層階が原因の凶作用を軽減・緩和させることに繋がります。

 

 

先天八卦・気の安定盤

 

 

凹面八卦鏡

 

 

山海鎮平面鏡

 

睚眦の置物

 

 

贔屭の置物

 

 

 

アメジストドーム

 

 

 

安忍水

 

 

 

四神相応セット

 

 

 

最高層に住む場合は乾坤照寶の置物を活用する

 

七星陣(八卦太極七星盤を使用)

 

 

トレジャーメノウを活用し最高の風水環境を作る

 

 

 

招財龍穴水盤(または改運水槽などの動水)

 

 

鍾乳石

 

 

置き場所、設置方法、組み合わせ方などは正規認定店の風水改運相談をご利用下さい。

 

2020年12月10日
2021年方災 三殺

 

三殺 2021年は【東】

三殺とは三種類の殺気のことで、南・西・北・東の四方に年毎に順番に回座します。
ひとつの方位を3つの殺気が包囲網のように占拠して居座るので、かなり厄介なマイナスエネルギーです。

 

三殺の種類
歳殺:子孫や六畜(ペット、家畜など)万物に被害をもたらす
災殺:病気や強盗、殺傷の災いをもたらす
劫殺:盗難や殺傷の災いをもたらす

 

風水の草創期においての「六畜」とは、馬、豚、鶏などの家畜やペットを表しますが、現代に置き換えると車や、資産、財産を意味しています。
ありとあらゆる財産(動産・不動産に限らず、病気や怪我、対人関係、子孫など)への災難に注意が必要です。

 

三殺方位が坐になる家は、特に動土に注意が必要です。
「坐」とは、玄関とは正反対にある場所のことで玄関から最も遠い場所。
「動土」とは、いわゆる「土いじり」のことで、床下を掘り返す・壁を壊すようなリフォームや増改築はタブーです。ベランダでの植木いじりや、庭でのガーデニングを楽しむなどは、これには含まれません。
建物だけでなく敷地内(土地を掘り起こすなど)も要注意です。
また、この年に入宅はしてはいけないとされます。ただし、1年のうち3ヶ月だけ例外の月があります。

 

◆住まいやオフィスの中央から見て、三殺方位をリフォームすることになった
◆坐が三殺方位の家に移転することになった
◆住まいや店舗の三殺方位が「欠け」ている

 

 

化殺風水アイテム

麒麟の置物三体

中国に古くから伝えられる想像上の動物である麒麟は「吉祥仁慈」の瑞獣と言われています。麒麟は、人格の優れた皇帝が出現すると、それを祝うために姿を現すと伝えられています。
その姿は鹿に似ていて鹿より大きく、蹄は馬に、尾は牛に似て、全身が魚の鱗で覆われ、頭に角が生えた一角獣、もしくは三角獣というのが一般的です。

 

中国では、天子(皇帝)の象徴は龍、皇后の象徴を鳳凰、そして麒麟を武官の象徴としてきました。その性格は武官に相応しく利発で仁義を尊ぶことから、仁獣とも呼ばれているのです。
また、優れた子供を麒麟にたとえ、品位が高く、優しく、慎重で大入しく声は美しい音楽を聴いているようだという意味の「麟子凰雛」という古い言葉があります。

 

麒麟は、「鎮」の作用が強く、あらゆる災いごとを消して周囲の気を安定させてくれる化殺風水の代表的なアイテムです。
収入の不安定(破産)や家庭内不和、夫婦関係、ビジネスでの人間関係トラブルなどを改善し、日常に起こるすべての問題を穏やかに鎮め、安定させたいときに活躍してくれます。
麒麟は平和を守るシンボルでもあります。トラブルの多い世の中で、自分の身を守るためにも、麒麟のアイテムを活用することをおすすめします。

 

三殺対策にはこの麒麟を3体、該当方位へ顔を向け、放射状に並べて使用します。
家やオフィスの中央から見て三殺方位に向けて置きますが、建物の中央近くよりは、出来るだけ三殺方位に近い壁などに向けて置く方が効果的です。

 

また、三殺は、災いを穏やかに鎮めて平和をもたらす麒麟を3体も持ってしても対抗できうるかどうかという、大変強い凶作用です。
他の風水アイテムやパワーストーンを活用して、麒麟そのもののパワーアップを図ることも重要です。
麒麟のパワーアップ法は複数あります。ケースバイケースで最適なパワーアップをさせてあげてください。

 

 

【風水改運相談】

2020年12月5日
2021年方災 歳破

 

 

歳破 2021年は【西南 (南南西)】
年盤で、その年の十二支の方位(2020年は子)と180°反対(冲)の方位。
字の如く物事が破れて、すべての事態の破綻を招くとされます。

 

縁談・夫婦関係・家運財産などが破れ、破談・破産などを招き、ついには生命にも及ぶこともあります。
歳破方位に玄関がある家は、凶作用を受ける場合が多いとされます。
移転方位も注意が必要で、『引っ越した途端、運気が落ちた』というのは、まさにこの移動のタイミングと移動方位が悪かった場合、その凶作用に気づかないまま、長期にわたって影響を受け続けていることがあるのです。

 

◆歳破方位へ引っ越すことになった
◆大きな商談先や契約先が住まいや仕事場から見て歳破方位にある
◆縁談場所・披露宴会場などが家から歳破方位にある
◆家や仕事場の中央から見て、歳破方位に重要書類や金庫が置いてある
または、商談スペースや会議室が歳破方位にある
◆住まいや仕事場の中央から見て、歳破方位に窓やベランダ、出入口などの「気口」がある

 

化殺風水アイテム

化殺好転九銭
毎年方位が変わる方災『暗五黄(暗剣殺)』と『歳破』除けの必須アイテムで、八卦が刻まれた古銭パワーと翡翠パワーで最高の相乗効果が得られます。方災以外でも気になる箇所に飾りましょう。

 

【上部】
☆古銭型八卦を9枚、最もパワーが引き出される布陣(形)に編み上げています
☆9は「陽数最高の数」「九星を司る」
☆周囲の8枚の8は、「八卦」としての邪気避けの他、末広がりでおめでたく、『発展』『繁栄』が得られるとして特にビジネス運アップに効果的。
☆金銭に関する守りを手堅くするので堅実な金運アップも期待出来ます
☆古銭型八卦の裏面は護符になっており、飾られた空間を守ってくれます

 

【下部】
☆翡翠はパワーストーンの最高峰
☆天災・地災・人災までも含めたあらゆる災いから守ってくれるパワーストーン
☆古来、金よりも高い価値で取引され、現代でもなお稀少価値から高額取引がされています
☆「辛みで邪気を撃退」する唐辛子型に丁寧に研磨
☆一つ一つ手作業で結び仕上げられた伝統工芸品

 

 

飾る場所
・家の中心から見て、歳破の方位に化殺好転九銭を飾りましょう
・気の入口となる玄関、リビング、トイレのドアなど、どこでもOK
・住まいやオフィスで何となく気になる場所に
・壁、カーテンレール、工夫次第でどこにでも吊り下げられます

 

『財産の破綻を防ぎたい』『婚約や商談の破談を防ぎたい』など、何かトラブルが起こってから対策をしても後の祭りということが多々あります。
普段から、何も起こらないよう、または何かトラブルがあっても最小限で済むようにするために風水はあります。日常生活の中にこそ、風水を取り入れましょう。
歳破の凶作用の中でも特に気になる事象については、化殺好転九銭と共に併用できる風水対策が幾つもあります。ケースごとに最適な対策を行ないましょう。

 

 

【風水改運相談】

2020年11月30日
2021年方災 二黒殺

 

 

二黒殺  2021年は【北】

 

金運、ビジネス運、対人運、家庭運、あらゆる運気に直結するため、運気の中でも最も重要視される『健康運』に対しての凶作用が顕著な二黒殺は、五黄殺同様に土殺です。
土殺とは、土にものを埋めるとじわじわと腐らせるように、緩やかなスピードながらも着実な凶作用をもたらします。
二黒殺は別名『病符殺』と言われ、特に健康運に悪い影響が出やすいのが特徴です。

 

家の中では、玄関、寝室、リビングなどが二黒殺方位にあると、健康を害するだけでなく、財運や人間関係などが悪くなる傾向があります。
寝室が二黒殺方位にあると健康状態が特に不安定になりやすいので、この部屋を使う人は注意が必要です。
コンロが二黒殺方位にあるのも要注意。おもに健康面に影響が出やすくなります。

 

◆玄関や入口が二黒殺方位にある、または玄関扉の『向き』が二黒殺方位に向いている
◆誰でも該当するが、特にお子さんやお年寄りなど抵抗力のない家族の部屋が、家の中心から見て二黒殺方位にある場合は要注意
◆二黒殺方位に窓やベランダがある
◆キッチンも確認してみましょう。火は、五行の【火生土】といって二黒の土の働きを強めるので、コンロが二黒殺方位にあるのも要注意です。
※IHなど電気仕様であっても『火の気』ですから、コンロと同様の扱いとなります。
◆五行相剋の【土剋水】で、二黒殺方位への動水設置は効果が見込めなくなるため化殺を要します。

 

化殺風水アイテム

【六柱六帝古銭風鈴】
元々風鈴は、邪気を祓うための風水のアイテムとして、中国から日本に渡って来たものです。
風鈴はその響きで「土の殺」や「その場にある殺」の気を弱め、陰の気を解消します。お寺の鐘や教会の鐘もこれに基づいたもので、洋の東西を問わず銅の響きは魔を祓うものとして重用されています。音が持っているパワーを生活空間に上手に取り入れることで吉運を呼び込む事ができます。
陰陽五行説の「金」に属する銅でできており、銅そのものに化殺好転の作用があります。

 

六柱六帝古銭風鈴は、円形のトップから六本の真鍮のパイプが吊り下がり、その中央にはあらゆるマイナスエネルギーを寄せ付けない「八卦」が刻まれた円形銭があり、更に下の方に六帝銭が下がっています。
八卦の円形銭は、その場にあるあらゆる邪気を解消し、六帝銭は、家庭に平安をもたらし、健康運・仕事運などをアップさせます。
その効果を風鈴の音が空間中に広げる役目を果たします。

 

風水の風鈴が鋼製や真鍮製でなければいけない理由は、五行の相生・相克の原理で、金の性質が土の気を弱め解消する効果が得られるからです。このようなことから、五黄殺・二黒殺の巡る方位に最適な対策アイテムです。

 

方災対策の場合は、玄関や窓などの気口がなくても、壁などに吊り下げることが大切です。この場合、時々でも手で鳴らすことでより効力を高めます。
気口であれば、喫茶店などの玄関チャイムのように、出入口扉に取り付けるのもお薦めです。
また、五黄殺や二黒殺のように凶作用が強い方災対策に用いる場合は、六帝古銭を模した銅銭ではなく、清の時代に流通していた本物の『眞六帝古銭』を使用した『眞六柱六帝古銭風鈴』で対応してください。

 

ほか健康運アップの風水アイテムやパワーストーンを上手に組み合わせて活用してください。
寝室の風水対策は多岐にわたります。それぞれに応じた適切な対応策を講じるため、正規認定店での風水相談をご利用ください。

 

【風水改運相談】