ピンクリボンのお宿ネットワーク 設立総会


全国50-60万人という乳がん患者の旅をサポートする「ピンクリボンのお宿ネットワーク」が、2012年7月10日に設立され、浜松町で行われた設立総会に参加して参りました。

テーマ:「Tourism For All」すべての人が等しく旅を楽しめる環境づくりに取り組む。

事務局: 株式会社旅行新聞新社(東京本社)

公式サイト: http://www.ryoko-net.co.jp/modules/shimbun/index.php?content_id=9

乳がんにより、毎年5万人の女性が胸の切除や温存手術を受け、8割以上の方が回復されている一方で、そのことを気にして、大きな楽しみである旅をあきらめてしまう人も多く、その数は患者さんと家族を含めると約200万人にのぼるといわれています。

そこで、全国の旅館・ホテルや観光行政・団体とのネットワークを生かし、乳がん患者の団体や、サポートする看護師、病院などと協力しながら、乳がん患者に限らず、高齢者や障がいのある方と介添者の方やご家族にも、同様に楽しんで頂けるよう考え設立されました。

全国500の病院や看護師団体と連携し、年1回の総会・シンポジウムを開き、それぞれの立場、考え方の理解を深めるほか、業界のみならず広く社会に向けて啓発の輪を拡大していきたいと考え、ピンクリボンのお宿ネットワークとして、活動をスタートさせています。

当協会ではこの取り組みに深く賛同し、正会員として設立総会に参加すると共に、風水の観点から病気=病の「気」に対する軽減・緩和を促進出来るよう、参画している旅館やホテル、また参加企業や団体と連携を取りながら進めて参ります。