旬刊 旅行新聞 5月1日号


4月16日、浅草橋・中華楼にて当協会と一般社団法人 日本健康素食アカデミー協会が共催した『改運素食晩餐会』の取材記事が掲載されました。

 

 

『素食』は、動物性を廃した植物性の食事のこと。いわゆる『菜食』ですが、日本人がイメージするダイエットのための寂しい内容の食事や精進料理ではなく、さらに粗末な食事を意味する『粗食』ではありません。

 

『素食』とは、中華文化圏では歴史ある料理で、見た目も鮮やかで、植物性油を使用するので、揚げ物なども楽しめる『美味しい菜食』です。

 

様々な『運気』を良くするために、どなたにでも出来る『改運法』のひとつが『月に1、2回は素食を採ること』です。
美味しい菜食によるデトックスは、心身の健康にたいへん良い影響をもたらします。

 

詳細はこちら『改運素食晩餐会』