金運アップのために『お財布買い替えのタイミング』


大切に使っていても、お財布もやがては買い替え時がやってきます。中国では、自分で「そろそろ替えてあげよう」と思ったときが買い替え時といわれています。
財布の買い替えや新調には、運気が旺盛になる『タイミング』があります。そのタイミングを活用し、金運が入ってきやすい環境をつくりましょう。

 

 


すべての生命が息吹く春は、新しく何かを始めるのに適したシーズン。新しい財布でフレッシュな金運を呼び込めます。桜が咲き始めた、暖かくなったなど、自分で春を感じたらでも良いですし、立春から新しいお財布を使い始めるのも良いでしょう。
立春は2月4日で、前日の2月3日は節分です。これを境に季節が切り替わるとされています。
※節分・立春は年により日にちが変わる場合もあります。

 

春節(旧正月)
日本のお正月は1 月1 日ですが、風水では旧暦を基準にします。春節(旧正月)は、一年が新しくスタートするおめでたい時期。春節前に新しいお財布を買って、春節の日から使い始めると金運が後押しされます。
※旧正月の日にちは毎年変わります。

 

誕生日前後
あなたの生まれた月が巡って来る時期は、一年の中で最もあなたの運気が旺盛になります。この運気に乗って財布を買い替えることは、金運にとってもチャンスの時期となります。
財布を誕生日プレゼントとして人に贈ることも、もらう人にとってはベストなタイミングとなります。

 

新月・満月の日
約28 日周期でやってくる新月・満月の日は、太陽・地球・月が一直線上に並びます。古くからその周期は出産や月経にも影響しているといわれています。また、近年では株取引などで満月の日を狙ったトレーダーが数多くの成功を残していることから、新月・満月の「新しく生み出す」「強く引きつける」パワーは無視できません。新月・満月の当日でなくても、前後3日間は同じエネルギーが得られます。
※新月・満月の日にちは一般のカレンダーとは異なり、運気の暦で見ますのでズレが生じます。運気を大切にする時の新月・満月の日は毎年毎月変動があります。