風水の大事な3つのポイント① ~門=玄関編~


『風水』は、もともとは、古代の中国で子孫繁栄の運気を得るために
良い気の流れる土地を探し、そこにお墓を建てることでした。
お墓の風水は「陰宅風水」と呼ばれています。

 

当時、風水師は、良い気の流れる土地探しを主としていて、
地理師と呼ばれていたといわれています。
その後、隆盛の気を取り入れる環境整備学を国家の発展のために用い、
一般住居にも用いられるようになったのが「陽宅風水」という
現代の一般的な「風水」のことです。

 

その「陽宅風水」において、とくに重要とされるのが『門・房・灶』と
呼ばれる生活スペースです。
門は玄関や入口、房(ぼう)は各部屋やトイレ、
灶(そう)はキッチンのコンロ(火)のことです。

 

 

今回は、『門=玄関・入口』のお話です。

 

下の①~⑤の質問で、あなたの自宅、経営者の方は事務所や店舗の玄関は
Yes , No のどちらが多いでしょうか。

① 照明が暗い玄関

② 玄関に積まれた古新聞、古雑誌が置いてある

③ 雑に並べられた靴や、下駄箱にあふれんばかりの靴がある

④ 骨の折れた傘や、破れて使えない傘がある

⑤ 古くなってほつれた玄関マットを使用している

 

Yes は、いくつありましたか?

答えは、ひとつでも当てはまると玄関の風水は不合格です!

 

なぜなら玄関は「気」の入口だからです。
想像してみて下さい。汚れている、雑然としている玄関に
良い「気」が入ると思いますか?

 

「良い気」には「良い気」が、悪い気には悪い気が集まるものです。

 

汚れていても「いつか綺麗にしよう」と思って、そのままにしてしまいがちです。そのうち汚れていても気にならなくなってくるものです!そう、その状態に“慣れて”しまいます。

まずは誰でも始められる「整理・整頓・掃除」をしましょう。

しかし、これだけで安心してはダメです!
やっと、運気アップに繋がるスタートラインに立てた状態です。

 

 

玄関の運気アップ 4つのポイント

①玄関は清潔で、下駄箱内もスッキリしていると「良い気」が入りやすい。

②「赤色」など暖色系の玄関マットを敷き、こまめに洗濯する。

③観葉植物や天然水晶、浄化用の竹炭を置き、「気」を浄化する。

④外から玄関に入った右側に「龍」の置物を置き、良い「気」を呼び込む。

 

 

玄関は人間の体にたとえると、「口(くち)」に当たる場所。
悪いものを食べてしまうと不健康になってしまいますが、
栄養のある良いものを食べれば、健康な生活が築けます。
「整理・整頓・掃除」をして、上記4つの大事な要点を押さえ、
玄関はいつも清潔を心がけて、良い運気・幸運を招き入れましょう。

 

KIMG2300 (1)