対策をしておきたい方災③歳破


方災とは?
方位による災厄のことで、年毎に各方災の巡ってくる方位は変化します。
一年の切り替わりは立春(2月4日)としています。

方災の種類
■五黄殺…災厄・大病・神経衰弱・口舌など
■暗剣殺…事故・盗難・訴訟・悪評など
■二黒殺…主に健康面への影響と家庭運など
■三殺…三種類の殺気が及ぶ
歳殺:子孫や六畜(ペット、家畜など)万物に被害をもたらす
災殺:病気や強盗、殺傷の災いをもたらす
劫殺:盗難や殺傷の災いをもたらす
歳破…あらゆるものが破れる
縁談、人間関係、財産などの破綻と破談を招く

2016年の方災
2016年は下図の赤字の五黄暗五黄三殺歳破が方災となります。
二黒も方災ですが、2016年は中宮(中央)に位置しているので、今年はありません。

2016年 年盤
2016年 年盤(風水では、北を下側に表記します)

今回は、歳破についてお話いたします。

2016年の歳破は、東北東方位

歳破とは?

275fd0daのコピー
十二方位図

 

上図は十二支が各方位を示しています。2016年は、『申』年です。『申』の方位である西南西は『太歳』と呼ばれ吉方であるとされています。吉方である申の方位の正反対である『寅』の方位(東北東)は冲といい、吉方と対立し凶意を表します。これを「歳破」と呼びます。

 

●歳破の凶意
・読んで字のごとく物事が破れることを意味します。
・すべての事態の破綻を招く。
・縁談、夫婦関係、家運財産などが破れ、破談、破産などを招く。
・ついには生命にも及ぶとされ、特に注意が必要です。

 

家の中であれば特に、玄関に歳破方位があたる年は特に要注意です。

また家から見て歳破方位になる場所での重要な事柄(契約、移転)や旅行は極力控えるべきでしょう。

 

だからといって、重要な事柄(契約、移転)や旅行など、あらゆることを避けられない場合もあるでしょう。
そんな時こそ、「悪い方位だから」と諦めずに、正統風水アイテムを用いて殺気を化かす『化殺』風水で歳破の凶作用を出来るだけ軽減・緩和して、運気を落とさないようにしましょう。032

 

歳破の凶意へは、家の中心から見て、2016年は東北東方位に「護符」の刻まれた邪気避けの古銭形・八卦を陽数最高の9枚で編み上げ、天災・地災・人災までも含めたあらゆる災いから守ってくれるパワーストーン「翡翠」を辛みで邪気を撃退する唐辛子型に研磨した伝統工芸品を組み合わせた、強力な災い避けである、化殺好転九銭を飾ります。

 

目には見えない『方災』も、正統風水アイテムでしっかりと対策すれば、凶作用が軽減・緩和されます。

どうしても、歳破の方位への旅行や重要行事などがある場合は、本来は避けるべきではありますが、化殺アイテムによる対策と共に『擇日鑑定(吉日時鑑定) 』を受けることが最善です。